サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

CoC認証とは?

MSC認証・ASC認証を取得した漁業者・養殖業者による認証水産物が「海のエコラベル」を付けて消費者のもとに届くためには、もう一つ必要な認証があります。それがCoC認証です。
水産物の流通・加工の過程では、認証水産物と、そうでない水産物が混じってしまう可能性があります。
こうした非認証の水産物の混入を防ぐため、製品がたどってきた経路を遡ることができるようトレーサビリティを確保するしくみが、CoC認証です。
CoCはChain of Custody の略で「加工・流通過程の管理」を意味します。

店頭に並ぶMSCとASC認証製品 

MSCやASCの認証を取得した漁業者・養殖業者によるシーフードが消費者の元に届くまでは、流通・加工などいくつかの過程を経ることがほとんどですが、この部分で認証されていないシーフードが混じってしまう可能性があります。そうすると、製品にラベルを貼る意味がなくなってしまいますね。
こうした非認証のシーフードの混入を防ぐため、製品がたどってきた経路を遡ることができるようにトレーサビリティを確保するしくみが、CoC認証なのです。CoCはChain of Custody の略で英語で「加工・流通過程の管理」を意味します。
MSC2つの認証
審査を経てCoC認証を取得した流通・加工・小売店は、サプライチェーンにおいて認証水産物を非認証水産物と区別して管理することが求められます。

MSC認証・ASC認証の水産物が製品となるまでの過程で、CoC認証を取得していない業者を経た場合は、MSCやASCのエコラベルを付けて販売することができません。
「海のエコラベル」を付けたシーフードは、こうして厳しく管理されているのです。

MSC認証・ASC認証を取得している日本国内の漁業・養殖場

MSC漁業認証を取得している漁業


京都府機船底曳網漁業連合会:アカガレイ漁業

京都アカガレイ漁業
【認証取得年:2008年】※2017年11月より、認証一時停止中
日本およびアジア初のMSC認証漁業。2013年には再審査を受け認証を更新し、日本およびアジアで初の再認証漁業となりました。海底の生態系に影響を及ぼす可能性のある重い鎖を使用せず、環境に与える影響の少ないかけ廻し式底曳網で漁獲を行っています。同連合会の漁船は京都府の沖合の水深約140m~350mの漁場で操業しています。

参考ページ:京都府「持続可能な漁業で獲られた認証水産物の紹介」


北海道漁業協同組合連合会:ホタテガイ漁業

北海道ホタテガイ垂下
【認証取得年:2013年】
年間水揚量約30~40万トン(原貝ベース)を誇る、日本最大規模の漁業で、日本の天然漁獲量の7~8%を占めています。この漁業によるホタテガイは、日本国内だけでなく、ヨーロッパや米国などに輸出されています。操業海域は、道南部の内浦湾(噴火湾)・サロマ湖、同東部の根室海峡沿岸部を含むオホーツク海水域です。

参考ページ:MSCプレスリリース「北海道漁業協同組合連合会のホタテガイ漁業がMSC認証を取得」


明豊漁業株式会社(宮城県塩釜市):カツオ・ビンナガ一本釣り漁業

明豊漁業の一本釣り
【認証取得年:2016年】
拠点は宮城県塩釜市。親会社である水産加工会社の(株)明豊が、東日本大震災後に原料のカツオの入手に難航したのを機に、操業開始した漁業。震災での経験から水産物の持続可能性を視野に入れ、環境への負担が少ない伝統的な一本釣り漁法で漁獲を行っています。

参考ページ:明豊漁業ストーリー「宮城の明豊漁業 震災から生まれた一本釣り漁業」



ASC認証を取得している養殖業


宮城県漁業協同組合 志津川支所 戸倉出張所:マガキ養殖

ASC戸倉カキ養殖
【認証取得年:2016年】
国内で初のASC認証を取得した養殖場。2011年の東日本大震災の被害からの回復の一環で、生態の多様性や地域社会への配慮などのASC基準を満たし、認証を取得しました。環境の負荷を考慮して養殖場の規模はそれまでの3分の1となりましたが、きれいな海底環境を維持、海水、及び魚たちを健全な状態に保ち、結果的にカキの品質も向上しました。

参考ページ:WWFトピック「被災地の海から日本初の「ASC認証」漁業が誕生」



(2017年9月現在)