サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

MSCとは?

「サステナブル・シーフード」は、大きく「天然」と「養殖」に分かれます。このうち「天然」によるものが、MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)の認証を取得した漁業で獲られた水産物です。

1997年に設立されたMSCは、認証制度と水産エコラベルを通じて、持続可能で適切に管理された漁業の普及に努める国際非営利団体です。本部はイギリスのロンドンにあり、日本事務所は2007年に開設されました。


MSCラベル横

魚、貝、エビといった海の生き物は、世界中の多くの人々が生きていく上で必要不可欠なものです。こうした海の生き物は、自然に繁殖し、成長するスピード等を考えて適切な量を獲れば、いつまでも食べ続けることができます。
しかし、この「適切な量」を超えて獲り続ければ、海の生き物は減ってゆき、将来的に食べるのが難しくなってしまいます。また、魚を獲る際に、混獲や乱獲による他の魚種や生物への影響、及びその環境に配慮しなければ、豊かな海の生態系が壊れていってしまいます。
MSCは、豊かな海を守るために、水産資源と環境に配慮し適切に管理された、持続可能な漁業の普及に取り組んでいます。


MSC漁業規格の3原則インフォグラフィック

MSCの漁業認証は、3つの原則を用いて審査します。

原則1:資源の持続可能性
過剰な漁獲を行わず資源を枯渇させないこと。枯渇した資源については回復を論証できる方法で漁業を行うこと。

原則2:漁業が生態系に与える影響
漁業が依存する生態系の構造、多様性、生産力等を維持できる形で漁業を行うこと。

原則3:漁業の管理システム
地域や国内、国際的なルールを尊重した管理システムを有すること。また、持続可能な資源利用を行うための制度や体制を有すること。


MSC「海のエコラベル」は、厳格なMSC漁業認証規格を満たし、水産資源と環境に配慮し適切な管理を行っているとして認証された漁業で獲られた水産品に付けられる証です。
消費者がこのラベルの付いた水産物を選ぶことによって、厳しい取り組みをしている漁業者を支えることにつながり、持続可能な漁業が広がることになります。

水産資源や海洋環境を守る漁業者が漁業を続けることができれば、私たちはいつまでも水産物を食べることができるのです。


2020年9月現在、日本国内でMSC漁業認証を取得しているのは、以下の通りです。

  • 北海道漁業協同組合連合会:ホタテガイ漁業(2013年~)
  • 明豊漁業株式会社(宮城県塩釜市):カツオ・ビンナガ一本釣り漁業(2016年~)
  • 石原水産株式会社(静岡県焼津市):カツオ・ビンナガ一本釣り漁業(2019年~)
  • マルト水産株式会社(兵庫県相生市):垂下式カキ漁業(2019年~)
  • 株式会社臼福本店(宮城県気仙沼市):タイセイヨウマグロはえ縄漁業(2020年~)

各漁業について、詳しくはこちらからご覧ください。

ASCとは?

MSCのような天然の水産物だけでなく、養殖による水産物にも、MSCと同様に認証する仕組みがあります。養殖版の「ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)」の認証制度です。 水産養殖管理協議会(ASC)は、WWF(世界自然保護基金)とIDH (オランダの持続可能な貿易を推進する団体)の支援のもと、2010年に設立された、独立した国際的な非営利団体です。

ASCラベル横

「養殖」によるシーフードは、人間が地球上で利用している食料の生産システムの中で、最も成長が著しく、世界の水産物のおよそ半分を占めるほどになっています。


ASC Graph

しかし、こうした養殖水産業には、海洋環境の悪化、餌となる天然魚の過剰利用、養殖魚の逃避による生態系の攪乱など、環境に悪影響を及ぼすケースが少なくありません。

  • 養殖場建設による自然環境の破壊
  • 水質や海洋環境の汚染
  • 薬物の過剰投与
  • エサとなる生物(天然資源の魚などを含む)の過剰利用
  • 養殖された魚が病害虫を自然界に持ち込む
  • 養殖場から逃げ出した個体が外来生物として生態系に影響を及ぼす

さらに、劣悪な労働環境のもとで、こうした養殖業が行なわれているケースも指摘されており、社会的な問題になっています。

ASCの認証制度は、環境に大きな負担をかけず、地域社会にも配慮した養殖業を「認証」し、「責任ある養殖水産物」であることが一目でわかるよう、ラベルを付けて、マーケットや生活者に届けるものです。


2020年9月現在、ASC認証の対象となっている魚介類は、サケ、ブリ・スギ類、淡水マス、シーバス・タイ・オオニベ類、ヒラメ、熱帯魚類、ティラピア、パンガシウス、二枚貝(カキ、ホタテ、アサリ、ムール貝)、アワビ、 エビ、海藻の12魚種です。

日本においてASC認証を取得した養殖場は67ありますが、ここ1年の取得養殖場は以下の通りです。

  • 2020年6月、株式会社ダイニチとダイニチ関連養殖会社の株式会社内海水産が愛媛県宇和島市で生産するマダイが、世界初となるASC認証を取得。
  • 2020年6月、宮城県女川でギンザケの養殖加工業を行う株式会社マルキンが、日本で初めてギンザケのASC認証を取得。
  • 2020年5月、株式会社FRDジャパンでは、2018年より千葉県木更津市において独自の完全閉鎖循環濾過システムを使ったサーモントラウト養殖を開始し、ASCサケ基準認証を取得。
  • 2020年3月、遊佐試験場がサクラマスの養殖としてASC認証を取得。

日本において2020年9月現在、CoC認証取得企業は144にも上り、約300の商品が登録されています。


ASC03.jpg