サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

【10月16日開催!】サステナブル・シーフード ワークショップ in 名古屋

ASC・MSCスタッフによるレクチャーやクイズを通して、
「サステナブル・シーフード」やMSC・ASC認証について楽しく学んでいこう!

🐟・🐟・🐟・🐟・🐟・🐟・🐟・🐟・🐟

開催日:2019年10月16日(水)

開催時間:【午前・午後】

※小学校の授業の一環として行われるため、参加者の一般募集はありません。

会場:名古屋市環境学習センター エコパルなごや

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ13階

exhibition02.png

【10月19日開催!】サステナブル・シーフード料理教室 in 仙台

サステナブル(持続可能)とは、ずっと未来に続いていくということ。
世界の海の現状や、MSC、ASC認証の「サステナブル・シーフード」を、「食」を通じて楽しく学べる料理教室を実施します🐟
また、ゲストとして、宮城県内で実際にMSC認証、ASC認証を取得された漁業者の方をお呼びします。貴重なお話を聞くことができるチャンスです!


お話しいただくゲストの方

株式会社明豊(宮城県塩釜市) 代表取締役 松永賢治様

kenji-matsunaga-portrait-lr_kf5botu.jpg
ⒸMSC/Nobuyuki Aoki

大学卒業後に地元・静岡県焼津市の水産加工会社・南食品に入社。16年間の勤務の後、2011年の東日本大震災によるインフラ停止で加工原料の魚不足に直面したことをきっかけに、漁業経営に乗り出す。2016年10月に明豊漁業の一本釣りのカツオとビンナガでMSC認証を取得。静岡県焼津市出身。


宮城県漁業協同組合 石巻東部支所 支所長 阿部晃佳様

Ishinonaki_Oyster1.jpg

宮城県漁業協同組合の石巻東部支所、石巻地区支所、石巻湾支所は石巻市万石浦から荻浜湾に至る牡蠣養殖漁場を管轄する支所。三支所で生産される牡蠣の数量県内の牡蠣生産量の約6割にあたる。稚貝生産の最適地としても知られ、国内外の牡蠣の多くが石巻産の牡蠣のルーツを持つ牡蠣とも言われている。三支所の牡蠣養殖業は2018年4月27日にASC認証を取得した。


調理予定メニューはこちら!

サーモンいくら洋風混ぜごはん


白身魚とエビのムニエル


たらことにんじんのさっと煮


※写真はイメージです。

開催日:2019年10月19日(土)

開催時間:10:30~13:00

会場:仙台市宮城野区 田子市民センター

〒983-0021 宮城県仙台市宮城野区田子2-4-25

田子

アクセス:アクセス:JR仙石線 福田町駅下車 徒歩7分

参加費:無料

申込:こちらの受付フォームよりお申込みください

申込締切:10月6日(日)まで

昨年のサステナブル・シーフード・ウィーク料理教室の様子

サステナブル・シーフードについて学ぶ楽しいレクチャー♪

saitama_image01.jpg

サステナブル・シーフードを使った料理に挑戦!

saitama_image07.jpg

参加された方には、うれしいプレゼントもあります!

saitama_image03.jpg

皆さんのご参加をお待ちしています!「サステナブル・シーフード」を一緒に盛り上げましょう!

20180329_top.jpg

【10月24日開催!】サステナブル・シーフード料理教室 in 埼玉

サステナブル(持続可能)とは、ずっと未来に続いていくということ。
世界の海の現状や、MSC、ASC認証の「サステナブル・シーフード」を、「食」を通じて楽しく学べる料理教室を実施します🐟
また、会場「コープデリ商品検査センター」の検査室などを特別に見学できるプログラムです!

saitama_access_01.jpg

プログラム内容

  1. 商品検査センター内の見学
  2. 「サステナブル・シーフード」についての説明
  3. 調理・実食

調理予定メニューはこちら!

MSCベニザケの彩りちらし寿司

saitama_image04.jpg

ASCいずみ鯛とMSCホタテのバターソテー さっぱりサラダ添え

saitama_image05.jpg

MSCオーストラリアタイガーの味わいみそ汁

saitama_image06.jpg
※写真はイメージです。

開催日:2019年10月24日(木)

開催時間:9:30~13:00

会場:コープデリ商品検査センター
〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町2-1417

アクセス:埼玉新都市交通ニューシャトル「吉野原」駅下車、徒歩5分

定員:48名(要申込み)

参加費:無料(※交通費自己負担)

申込・詳細:こちらの受付フォームよりお申込みください。

申込締切:受付終了

昨年のサステナブル・シーフード・ウィーク料理教室の様子

サステナブル・シーフードについて学ぶ楽しいレクチャー♪

saitama_image01.jpg

サステナブル・シーフードを使った料理に挑戦!

saitama_image07.jpg

参加された方には、うれしいプレゼントもあります!

saitama_image03.jpg

皆さんのご参加をお待ちしています!「サステナブル・シーフード」を一緒に盛り上げましょう!

20180329_top.jpg

イオンリテール株式会社

イオン

イオンリテール株式会社 プロフィール

社名:イオンリテール株式会社
本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
代表:代表取締役社長 井出 武美
主な事業:本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約400店舗の運営

イオンスタイル板橋前野町
イオンスタイル板橋前野町

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

イオンは、水産物は石油のような枯渇資源ではなく、大切にしていけば将来にわたって食べ続けられる再生資源であるという考え方のもと、2006年にMSC認証商品を、2014年にASC認証商品を発売するなど、環境に配慮した商品の販売に積極的に取り組んでいます。昨年10月には、レンジや湯煎で簡単に温めて食べられる「おさかな惣菜シリーズ」を発売し、「さばの味噌煮」や「赤魚の煮つけ」などの人気の商品をはじめ、「骨取りさばのハーブレモン」など、若い世代のお客さまが手に取ってみたくなるような商品を開発するなど、次の世代にも魚食文化をつないでいけるような商品開発にも注力しています。

赤魚煮つけ
MSC認証 骨取り赤魚の煮つけ

さばハーブレモン
MSC認証 骨取りさばのハーブレモン

取り扱っているMSC/ASC認証魚種(2019年8月時点)

MSC認証魚種:アカウオ、アブラガレイ、アサバガレイ、イエローテールフラウンダー、コガネガレイ、オーストラリアタイガー、カツオ、カラスガレイ、カラフトシシャモ、キハダマグロ、タイセイヨウサバ、シロザケ、スケトウダラ、ズワイガニ、ニシン、ビンチョウ、ブルーホワイティング、ベニザケ、ホッコクアカエビ、ホタテガイ、マダラ、カラフトマス、ランプフィッシュ、アメリカンロブスター

ASC認証魚種:アトランティックサーモン、ティラピア、カキ、ギンザケ、トラウト、バナメイエビ、パンガシウス、ブリ、ムールガイ、エゾアワビ

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

私どもは魚食文化を将来につなげていきたい、という考えのもと、サステナブルシーフードの取り扱いを拡大してまいりました。
来年は、世界中の方々が集まる国際的な大会が控え、選手への提供食材の条件に適う、持続可能な方法で調達された食材についても大きく関心が高まる年になるでしょう。そうした機会に、しっかりと私どもの売場でサステナブルシーフードを品揃えし、販売できることを光栄に思います。
これからも変わらず、子どもたちにおいしいお魚を食べてもらえるよう、漁業者さまとも友好関係を築きながら、私たちはサステナブルシーフードの販売を続けてまいります。
ぜひお買物の際には「サステナブルシーフード」を選んでいただければ光栄です。
【水産商品部長 松本 金蔵様】
松本部長

株式会社イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂

株式会社イトーヨーカ堂 プロフィール

セブン&アイHLDGSは、2019年5月8日に、セブン&アイグループの環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』と称し、2050年までに目指す姿を宣言しました。イトーヨーカドーでも、お客様やお取引先様、地域社会とともに、目標に向かって未来世代につなぐ豊かな地球環境の保全に向けて、真剣に取り組んでおります。

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

イトーヨーカドーでは、持続可能な漁業によって取られた水産物であることを証明する海のエコラベル「MSC認証」を取得した商品や、環境と社会に配慮した養殖業を認証する国際的な制度「ASC認証」を取得した商品を積極的に提案し、購入していただくことで水産資源の保護に貢献できることをPRしております。

取り扱っているMSC/ASC認証魚種(2019年8月時点)

MSC認証「7プレミアムさばの味噌煮」、MSC認証「7プレミアム辛子明太子」
ASC認証「養殖かき」など

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

国内産活あさりの資源枯渇に伴い、水揚げ量と消費量は年々ダウンしています。
一方で缶詰や剥き身に使用されている中国原料は年々伸長。その中で世界で一番の水揚げ量の遼寧省のあさりの一部の海域がASCの認可を受けました。
その原料を中国現地企業(CoC認証工場)で加工することで、ASC認証の製品を作ることができました。
あさりに対してのお客様需要は依然高いものの原料価格の上昇や、砂抜きなどの手間から消費は縮小しています。
そこで、ASC認証・国内最大手【マルハニチロ】とのタッグで環境と社会にやさしい養殖場で生産された原料を、なおかつ、CoC認証のとれた高いクオリティーの工場で加熱済加工し簡便性を訴求した商品を開発することで縮小しているあさりの消費マーケットに対してアクションを起こした商品です。
【鮮魚部 安田 孝介様】