サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

パナソニック株式会社


ssw2018_協賛_ぱPanasonic (1) 

パナソニック株式会社

本社所在地 :〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006番地
代表取締役社長:津賀 一宏
創業 :1918年3月7日 ※本年2018年は、創業100周年
資本金 :2,587億円 (2018年3月31日現在)
従業員数 :271,143名(2018年3月31日現在)
グループ会社数:592社
売上高 :7兆9,822億円
事業内容:当社は、「事業を通じて社会の発展に貢献する」という創業以来の経営理念を体現したブランドスローガン「A Better Life,A Better World」のもと、「家電」、「住宅」、「車載」、「B2B」の4領域での事業を展開し、世界中のお客様一人ひとりにとっての「より良いくらし、より良い世界の実現」を目指しています。

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

パナソニックでは、2018年3月から本社等の社員食堂で、MSCおよびASC認証を取得したサステナブル・シーフードを、WWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)やサプライヤー企業の皆様の協力を得て、日本で初めて、継続的な提供を開始致しました。この取り組みは、社員に対するサステナブル・シーフードの理解促進からスタートし、消費者でもある社員の「消費行動の変革」、更に周囲への影響拡大等を通じて、SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の達成への貢献や持続可能な社会作りへの貢献を目指しています。
★食堂雰囲気313_10A6593 
食堂雰囲気
食堂メニュー264_10A6470 
食堂メニュー「MSC認証びんちょう鮪&かつおの漬けと帆立貝柱の丼ぶり」

取り扱っているASC/MSC認証魚種(2018年9月現在)

提供するメニューによる

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

この取り組みは、本年が、当社創業100周年ということで、社員の社会参画促進活動の一つでもあり、2020年までに、約120拠点ある全社員食堂へのサステナブル・シーフードの導入を目指しています。また、サステナブル・シーフードの認知拡大、普及促進に向けて、サプライヤー企業の皆様のご理解、ご支援をいただきながら、他の企業の方々等への導入支援も積極的に進めて行いたいと考えています