サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

マルハニチロ株式会社

Capture.jpg 

マルハニチロ株式会社 プロフィール

資本金:200億円
グループ従業員数:10,937名(2018年3月)
グループ会社:150社(国内74社、海外76社)
主な事業内容:漁業、養殖、水産物の輸出入・加工・販売、冷凍食品・レトルト食品・缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売、食肉・飼料原料の輸入、食肉製造・加工・販売

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

マルハニチロでは、2006年より「MSC認証」、2016年より「ASC認証」の商品の取り扱いに向けた取り組みを開始。その後徐々に取り組みを拡げてきています。水産資源を中心とする「食」の提供を通じて、世界においしいしあわせを届けてきたマルハニチロにとって、持続可能な水産物の取り扱いは、自社の持続可能な成長とともに、地球・社会の持続可能な成長に寄与・貢献できる取り組みとなります。

取り扱っているASC/MSC認証魚種(2018年9月現在)

ASC認証魚種:アトランティックサーモン、ブリ、アサリ、パンガシウス、バナメイエビ
MSC認証魚種:アメリカウバガイ、カラフトシシャモ、マダラ、ズワイガニ、ヘイク、ニシン、ホキ、アメリカンロブスター、タイセイヨウサバ、スケトウダラ、バナナエビ、オーストラリアタイガー、クマエビ、ホッコクアカエビ、フトミゾエビ、シマエビ、タイセイヨウアカウオ、ギンダラ、キングサーモン、シロザケ、ギンザケ、カラフトマス、ベニザケ、ホタテガイ、メロ(マジェランアイナメ)、ビンナガ、カツオ、キハダ

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

これからも、持続可能な水産物の取り扱いを通じて、地球・社会の持続可能な成長に寄与・貢献していきたいと思います。