サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

サステナブル・シーフード・ウィーク2017 スペシャルイベント 開催レポート

ココリコ田中、“家事えもん”こと松橋のレシピを大絶賛!
今最も知りたい旬ワード “サステナブル・シーフード”を学ぶスペシャルイベントを開催!


2017年10月17日(火)、ABCクッキングスタジオ 丸の内グラウンドにて「サステナブル・シーフード・ウィーク 2017 スペシャルイベント」が開催され、30以上のメディア・28名のABC会員が参加しました!

本イベントは、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を積極的に推進する吉本興業様より、サステナブル・シーフード・ウィークの取組みがSDGsの17の目標のうちの14番目「海の豊かさを守ろう」に沿うものとして特別にご協力をいただき実現したものです。

イベントのトークでは、"海洋生物マニア"であるココリコの田中直樹さん、そして『掛け算レシピ』など 家事の達人としてお茶の間で人気の"家事えもん"こと松橋周太呂さんに、サステナブル・シーフードについて学んでいただきました。

サステナブル・シーフードとは、未来にも魚を食べ続けていくことができるように、 獲り過ぎや自然を傷つけることが起こらない方法でとられた魚からできた食べ物のこと。

4M7O0932_s.jpg
これについて田中さんは「今まで意識して見ていなかったので、これをきっかけに勉強させていただきます。海って、プランクトンや僕の好きなサメも含めて絶妙なバランスを保って成り立っているんですよね。どれが欠けてもダメというか、 例えるなら風邪引いたのに外科しかない、っていう。内科も増やしてよって思いますもんね(笑)」とコメント。
松橋さんも「"サステナブル"って言葉がかっこいいですよね。『サステナブってるね~』という感じで流行ると思いますよ。 LINE スタンプを作れば若い子にもウケると思いますよ」と述べました。

その後、松橋さんにはサステナブル・シーフードと意外な食材を使用した掛け算レシピで、デモクッキングを披露していただきました。
今回作っていただいたのは「ASCサーモン・MSCホタテ・MSCカニカマのレモン山椒マリネ」「ASCサーモンと MSCホタテのバターソテー浅漬けタルタル添え」です。
A91A2120_s.jpg
このレシピについて、松橋さんは 「マリネは手間が掛かるイメージですけど、サステナブル・シーフードで簡単に作ることができます。タルタルソースもピクルスを使うことが多いんですが、酸味が多いので 浅漬けを使うとさっぱりします」とコメント。

そして田中さんが試食しましたが、「マリネ、すごくおいしい!味付けも抜群で爽やかだし、食べ応えもありますね。タルタルソースは、今まで食べてきたものとは違うけど、これは良いアレンジだと思いますよ。サステナブル・シーフードともすごく合ってますね」と絶賛するほどの味だったようです。
A91A1960_s.jpg

最後に、田中さんから「スーパーなどでサステナブル・シーフードを選ぶことで、世界の海を守ることに繋がっていくと思うので、一人でも多くの人に広めていきたいですね」、そして松橋さんからも「料理する側としても、サステナブル・シーフードをどんどん発信していきたいです」とコメントをいただき、イベントは終了しました。
A91A1999_s.jpg
左から、水産養殖管理協議会 ASCジャパン ジェネラルマネージャー 山本光治、松橋周太呂さん、田中直樹さん、 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 自然保護室 海洋水産グループ長 山内愛子、海洋管理協議会(MSC)日本事務所プログラムディレクター 石井幸造

松橋周太呂さん考案レシピ

「ASCサーモン・MSCホタテ・MSCカニカマのレモン山椒マリネ」
「ASCサーモンと MSCホタテのバターソテー浅漬けタルタル添え」

【協賛企業からの提供食材】
イオンリテール株式会社:ASC認証 アトランティックサーモン
株式会社極洋:MSC認証 カニカマ(スケトウダラ)
日本水産株式会社:MSC認証 ホタテガイ
マルハニチロ株式会社:MSC認証 ホタテガイ

メディア露出

本イベントは、日本テレビ「ZIP!」やフジテレビ「ノンストップ!」、各種スポーツ新聞やウェブメディアなど、各所で大きく取り上げていただきました。
日テレNEWS24
スポーツ報知デイリースポーツサンケイスポーツ日刊スポーツ東京スポーツ
TV LIFETOKYO HEADLINEお笑いナタリー