サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

サステナブル・シーフード・ウィーク2017協賛企業ご紹介:株式会社極洋

株式会社極洋

株式会社極洋 プロフィール

本年9月に創立80周年を迎えた当社は、長年にわたって培ってきた水産のプロとしての総合力を活かし、国内外の食卓に海の恵みを安定的に供給し、消費者の皆様の満足と信頼を積み重ねることで水産物を中心とした総合食品企業グループに成長してまいりました。
会社外観

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

将来にわたって安定的に水産物を供給できる社会づくりに貢献するため、サステナブル・シーフード・ウィークの第1回から、積極的に参加させていただいております。今回も認証水産物、配布グッズの提供など、協力させていただきました。
サステナブルな水産物を未来の世代へとつなげていくことに、少しでも貢献できればと願っています。

取り扱っているASC/MSC認証魚種(2017年9月現在)

ASC認証魚種:パンガシウス、エビ(ブラックタイガー、バナメイエビ)、ギンザケ、ティラピア
MSC認証魚種:ベニザケ、アサバガレイ、コガネガレイ、マダラ、スケトウダラ、ヘイク、タイセイヨウサバ、ズワイガニ、ホタテガイ、ニシン

ASCマダガスカル産 海老の極
ASCマダガスカル産 海老の極

MSCかに風味かまぼこ
MSCかに風味かまぼこ
(今回SSW2017に提供する食材です)

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

極洋 秋山様当社は本年9月発行のCSR報告書で、「持続可能な開発目標(SDGs)」や「海洋管理のための水産事業(SeaBOS)」への積極的な取り組みをコミットしております。「SDGs」は国連が提唱する、2030年までに世界中すべての国で人々を貧困、差別、不平等、などから解放するため、「誰も置き去りにしない」ことを目標に掲げたものです。「SeaBOS」は世界の水産トップ企業が集まり、SDGsの14番目の目標「海の豊かさを守ろう」を中心に据え、IUU漁業といわれる違法、無報告、無規制の漁業を排除し、世界の水産業の、絶滅危惧種、人権、汚染、などの問題を解決するリーダーシップをとっていこうという取り組みです。
こうした基本姿勢の下、MSC、ASCは多くの消費者の方に認知していただき、製品を選択していただくことで企業も一体となって、正しい水産業を推進していく素晴らしい認証制度であり、当社は、今後も積極的に製品化に取り組み、普及活動にも協力してまいります。
【総務部 副参事 秋山 光弘様】