サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

サステナブル・シーフード・ウィーク2017協賛企業ご紹介:日本水産株式会社

ニッスイ

日本水産株式会社 プロフィール

水産・食品・ファインケミカルの3つの事業を営んでいます。
水産事業では、海外のグループ企業やパートナー企業と連携して、グローバルな水産資源へアクセスし、各国・各地域のマーケットに水産物をお届けしています。近年では養殖事業にも注力しています。
食品事業では、「ニッスイ」ブランドの冷凍食品や練製品・フィッシュソーセージ・缶詰・びん詰などを日本で展開しており、欧米では現地グループ企業ブランドの製品を販売しています。
また、ファインケミカル事業では、青魚由来の不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエンサン)を中心に、医薬品原料やその有用性を活用した製品を提供しています。

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

ニッスイは、水産資源の持続的利用を経営方針の一つとしており、従来からサステナブルシーフードの取り組みを進めています。MSC認証魚を取り扱うほか、今年9月にMSC認証のちくわ「おいしいものをちょっとだけ」を新発売しました。
これからもお客様のご要望に応えられるよう、水産資源の持続的利用やサステナブルシーフードへの取り組みを進めてまいります。

おいしいものをちょっとだけ 『おいしいものをちょっとだけ』
・卵を使用していないちくわです。卵アレルギーの方でも安心して召し上がれます
・MSC認証を取得した上質なスケソウダラのすりみを使用しています。色の白さとプリプリした弾力ある食感が際立つように仕上げました
・保存料を使用していません

取り扱っているASC/MSC認証魚種(2017年9月現在)

MSC認証魚種:スケトウダラ、ミナミダラ、ホキ、ヘイク、ズワイガニ、ホタテガイ

サステナブル・シーフードについて、担当者様から一言

ニッスイ瀧澤様豊かな海洋環境、かけがえのない水産資源を将来の世代に引き継ぐことこそが、これまでそれらの恩恵を受けてきたニッスイにとって、最も重要な責務と認識しています。 ニッスイではCSRに根ざした経営の推進を掲げ、水産資源の持続的利用実現に向けてさまざまな活動をしていますが、今回のサステナブル・シーフード・ウィーク2017という機会を通じて、MSC・ASC認証へのさらなる認知度向上の一助となるべく、その責務を継続的に果たしてまいりたいと考えております。よろしくお願い申しあげます。
【水産事業第四部長 瀧澤 英樹様】