サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

サステナブル・シーフード・ウィーク2017協賛企業ご紹介:株式会社ロイヤルグリーンランドジャパン

株式会社ロイヤルグリーンランドジャパン

株式会社ロイヤルグリーンランドジャパン プロフィール

ロイヤルグリーンランドジャパンは、1988年に設立されました。当初は加工会社への原料供給を主としていましたが、その後日本人の高品質な水産物への要求に対応して成長してきました。特にカラスガレイ、甘エビ、ズワイガニは、品質に厳しい日本のお客様からご評価いただいております。

サステナブル・シーフードに関する取組みについて

グリーンランドで長い歴史を持つロイヤルグリーンランドは、グローバル企業として成長しましたが、地域社会の持続的な利益を重視する姿勢に変わりはなく、環境とコミュニティの長期的な保全に取り組んでいます。2015年、グリーンランド西部で操業するランプフィッシュ漁業は、持続可能としてMSC認証を取得。自社管理システムに入力して記録することで原料からの厳格な追跡(トレーサビリティ)を可能としています。その他、一部カニ、甘海老製品でもMSC認証のものを取り扱っています。

取り扱っているASC/MSC認証魚種(2017年9月現在)

MSC認証魚種:ズワイガニ、ホッコクアカエビ、ランプフィッシュ

ランプフィッシュキャビア ブラック(上)とルビー(下)
ランプフィッシュ
ランプフィッシュ原卵