サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

MSC認証を取得している日本国内の漁業

北海道漁業協同組合連合会:ホタテガイ漁業

【認証取得年:2013年】
年間水揚量約30~40万トン(原貝ベース)を誇る、日本最大規模の漁業で、日本の天然漁獲量の7~8%を占めています。この漁業によるホタテガイは、日本国内だけでなく、ヨーロッパや米国などに輸出されています。操業海域は、道南部の内浦湾(噴火湾)・サロマ湖、同東部の根室海峡沿岸部を含むオホーツク海水域です。

参考ページ:MSCプレスリリース「北海道漁業協同組合連合会のホタテガイ漁業がMSC認証を取得」


明豊漁業株式会社(宮城県塩釜市):カツオ・ビンナガ一本釣り漁業

明豊漁業

写真提供:明豊漁業株式会社

【認証取得年:2016年】
拠点は宮城県塩釜市です。水産加工会社の株式会社明豊が、東日本大震災後に原料のカツオの入手に難航したのを機に、その子会社として明豊漁業株式会社が設立され、操業を開始しました。
震災での経験から水産物の持続可能性を視野に入れ、環境への負担が少ない伝統的な一本釣り漁法で漁獲を行っています。

参考ページ:明豊漁業ストーリー「宮城の明豊漁業 震災から生まれた一本釣り漁業」


石原水産株式会社(静岡県焼津市):カツオ・ビンナガ一本釣り漁業

第8永盛丸

写真提供:株式会社永盛丸

【認証取得年:2019年】
焼津港を本拠地に1964年に創業された石原水産は、カツオやマグロなどを原料とした刺身やたたき、その他嗜好品などの水産製品の製造・販売事業を50年以上にわたって展開しています。
同社と契約する遠洋一本釣り漁船の第8永盛丸が漁獲する、カツオとビンナガマグロががMSC認証の対象で、、太平洋の日本近海とミクロネシア近海で漁獲しています。

参考ページ:MSCプレスリリース「焼津の石原水産が、一本釣りのカツオとビンナガで 国際的なサステナブル認証のMSC漁業認証を取得」


マルト水産株式会社(兵庫県相生市):垂下式カキ漁業

マルト水産

写真提供:株式会社マルト水産

【認証取得年:2019年】

兵庫県相生市を拠点とする株式会社マルト水産は、カキを原料とした製品の製造・販売を行っています。認証の対象となるのは、マルト水産の提携先の一つである岡山県瀬戸内市邑久町(おくちょう)の垂下式のカキ漁業のうち、岡山県産の種ガキを使用したものです。マルト水産は昨今の国内での認証水産物の需要の高まりに対応すべく、邑久町漁業協同組合と一体となって認証取得に取り組みました。

参考ページ:MSCプレスリリース「マルト水産が瀬戸内海のカキ漁業でMSC認証を取得 ~垂下式のカキ生産では世界初~」


株式会社臼福本店(宮城県気仙沼市):タイセイヨウクロマグロはえ縄漁業

臼福本店

【認証取得年:2020年】

1930年代より漁業に参画した株式会社臼福本店は、2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた後、より厳格な漁業管理体制の再構築と、他の漁業者の関与を促す手段として、MSC認証取得に挑戦することを決意しました。
一時は絶滅の危機に瀕していたタイセイヨウクロマグロの資源量は、環境保護活動、漁獲割り当て量の大幅な削減、管理方策の強化により、回復傾向に転じています。
臼福本店のタイセイヨウクロマグロ漁獲量は、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)が2020年に設定した総漁獲可能量のうち0.2パーセント未満です。漁獲されたすべてのタイセイヨウクロマグロに通し番号が入った電子タグを取り付けており、流通履歴を追うことができます。

参考ページ:「タイセイヨウクロマグロ漁業で世界初となるMSC認証を取得した臼福本店」


(2020年9月現在)