サステナブル・シーフード

MSC・ASCラベルは、「サステナブル・シーフード」の証です。未来にも魚を食べ続けていくことができるように、魚の獲り過ぎや、自然を傷つけない方法で獲られたMSC・ASCのラベルが付いた「サステナブル・シーフード」を選びませんか?

CoC認証とは?

MSC認証・ASC認証を取得した漁業者・養殖業者による認証水産物が「海のエコラベル」を付けて消費者のもとに届くためには、もう一つ必要な認証があります。それがCoC認証です。
水産物の流通・加工の過程では、認証水産物と、そうでない水産物が混じってしまう可能性があります。
こうした非認証の水産物の混入を防ぐため、製品がたどってきた経路を遡ることができるようトレーサビリティを確保するしくみが、CoC認証です。
CoCはChain of Custody の略で「加工・流通過程の管理」を意味します。

店頭に並ぶMSCとASC認証製品 

MSCやASCの認証を取得した漁業者・養殖業者によるシーフードが消費者の元に届くまでは、流通・加工などいくつかの過程を経ることがほとんどですが、この部分で認証されていないシーフードが混じってしまう可能性があります。そうすると、製品にラベルを貼る意味がなくなってしまいますね。
こうした非認証のシーフードの混入を防ぐため、製品がたどってきた経路を遡ることができるようにトレーサビリティを確保するしくみが、CoC認証なのです。CoCはChain of Custody の略で英語で「加工・流通過程の管理」を意味します。
MSC2つの認証
審査を経てCoC認証を取得した流通・加工・小売店は、サプライチェーンにおいて認証水産物を非認証水産物と区別して管理することが求められます。

MSC認証・ASC認証の水産物が製品となるまでの過程で、CoC認証を取得していない業者を経た場合は、MSCやASCのエコラベルを付けて販売することができません。
「海のエコラベル」を付けたシーフードは、こうして厳しく管理されているのです。